白蛇の音楽道

音楽に関する情報や弾き語りやギターやベースなどの楽器演奏について発信していきます(*´з`)

【スポンサーリンク】

ギタリスト列伝!GLAY HISASHIはピッキングハーモニクスからのペンタ名手!ギャーってやつよギャーってやつ

皆さまギター弾いてますか?

 

今回はGLAYのギタリスト、HISASHIの魅力に迫りたいと思いやす

 

HISASHIの魅力

メロディー感覚が秀逸

メロディアスなソロも弾きますが個人的にはロックな曲でのソロが非常にセンスを感じます

 

というのもHISASHIがソロをとる時はペンタトニックを主体としたものが多く、特にペンタに半音階を加えたフレーズが多いです

 

誘惑のイントロサビ後のソロをどうぞー

GLAY / 誘惑 - YouTube

 

このペンタトニックで印象的なソロを弾く、作り出す難しさはギターを弾いた事があり、自分で曲、ギターソロを作った事のある人なら感じることでしょう

 

こんなにカッコ良く作れないもんですwほんとに

 

このメロディーの感覚はそれまでの好きだった音楽の影響とかもあるでしょうが天性のものと僕は感じます

 

ルックス

ギタリストならばそのルックスももちろん大事なポイントですよね

 

端正な顔立ちもあるでしょうが奇抜だけどカッコ良く着こなすセンスもメロディー感覚同様センスの塊ですよねw、、天は何物与えるんだって話です、、w

 

そのギタープレイ
  • ピッキングハーモニクスの上手さと入れる位置
  • ペンタ使い
  • バッキングメロディ
  • 飛び道具エフェクターの発想(光線銃もね)
 
この中でも特に秀逸で個性的なのがピッキングハーモニクス の上手さと使いどころです
 
上述のペンタ上手に一役買っているのがピッキングハーモニクスです
 
ただの半音+ペンタもピッキングハーモニクスを上手く入れるとこの通りっす

イントロからカッコよすですな(´ω`*)

ちなみにピッキングハーモニクスは「ギャー」ってなってる音ですw(分かりづれー)

MERMAIDで言う本当に一発目のギターの音です、「ギャー」ってやつw(だから分からんて)

 

誘惑のソロでもカッコ良く使われてますよねー、他にも使われているところたくさんあるのでそれを探すのも楽しいかも(´ω`*)

 

最後に

ふと思いましたがどちらかと言うとロック色が強い曲の方が得意なのかもしれませんね、勢いがある方がピッキングハーモニクスとも相性が良いですしね

 

GLAYって仲の良さも溢れんばかりに感じますよねwそこも良いところ

 

ではまた